1. ホーム
  2. 在宅介護
  3. 在宅介護と資格
  4. ≫介護職員初任者研修

介護職員初任者研修


▼初任者研修の詳細はこちらから▼

 

ホームヘルパー2級から介護職員初任者研修へ

2012年度でホームヘルパー2級が廃止され、 代って2013年度からスタートしたのが、 「介護職員初任者研修(課程)」です。

 

介護職員初任者研修の目的


これまでのホームヘルパー2級研修(130時間)が 「初任者研修(130時間)」に位置づけられるので、 ホームヘルパー2級は廃止されても2級資格はそのまま認められます。 介護職員として介護サービスに従事しようとする者を対象とした基礎的な職業教育です。

 

対人理解や対人援助の基本的な視点と理念や専門的な職業人として職務にあたる上での基本姿勢、基本的な知識・技術等を習得させる事を目的としています。


それに加え、介護職員は将来的に任用資格を介護福祉士に一本化されることで、専門的な知識・技術を習得するための機会とすることを目的とします。

スポンサードリンク

 

介護職員初任者研修のポイント

 

初任者研修車椅子移乗

1.研修内容は介護福祉士養成課程の実務者研修に連動している。

2.研修で学ぶ知識や技術は、在宅と施設の双方で共有できる内容になっている。

3.今回から資格取得のネックになっていた30時間の実習が廃止になります。

4.研修室でベット、車椅子、杖などを使用し、知識と技術を連動させながら学習する介護技術演習42時間を75時間に拡充する。

5.認知症の理解を重点科目として取り上げる。

6.研修を通して講義や技術の理解度を確認するため、3つの評価が段階的に導入されます。習得が不十分と評価された受講者には補講が準備されています。

 

・演習前に基礎知識を確認する筆記試験があります。 
・介護技術演習として受講者各々の手順を講師が確認し評価します。
・全科目終了後に習得状況を評価する筆記試験があります。

 

全課程修了後

 

※研修課程全体の時間数は現行のホームヘルパー2級と同じ130時間ですが、30時間あった施設実習は廃止になります。

また、全課程修了後に筆記試験による評価が導入され、通信課程では面接での指導を行うことを義務付けるなどの方針などが示されています。

※規定の研修を修了した人は誰でもホームヘルパーの資格を取得することができます。

 

ホームヘルパー2級と介護職員初任者研修の違い

 

比較項目 ホームヘルパー2級 初任者研修
研修時間 130時間 130時間
施設実習 あり なし
筆記試験 なし あり

スポンサードリンク


ホームヘルパー1級介護職員基礎研修から実務者研修へ

 

2013年度より、ホームヘルパー1級及び介護職員基礎研修は「実務者研修」へ一本化されました。(2012年度までにホームヘルパー2級、1級及び介護職員基礎研修課程を修了していれば、2013年度以降に資格を失効する事はありません。)


「実務者研修」とは、幅広い利用者に対する基本的な介護提供能力の修得に加え、医療的ケアに関する知識及び技能の習得を目的とした研修のことです。 実務では習得しにくい体系的な医学知識、制度の知識、介護過程の展開、認知症などについて学ぶことができます。


また、この研修を修了することにより、2012年度より医療行為である「喀痰吸引」が介護職員でも実施できるようになりました。(ただし『実地研修』を修了することが必要です。)

 

介護福祉士にならないと生き残れない

 

しかしヘルパー養成は既に廃止されています。 介護福祉士資格を取得しないと ホームヘルパー2級の資格のままでは、 働くのは難しくなります。


ホームヘルパー2級では介護報酬に寄与しません。 介護報酬で成り立っている各事業所ですから、 介護職は介護福祉士で一本化されます。


そうしないと事業所は介護報酬の減算となるので 介護福祉士を雇用するのは当然のことになります。
ホームヘルパー1、2級、介護職員基礎研修は 介護福祉士を取得しないと生き残れません。

介護職員初任者研修のポイントとカリキュラム

初任者研修

介護職員初任者研修改定のポイント

 

  1. 介護福祉士課程への連続性を考慮して 心と体の仕組みと生活支援技術として 演習による介護技術を修得する時間を大幅に確保
  2. 地域包括ケアシステムにおけるチームケアの提供を推進していくため、 医療との連携に係る時間を確保
  3. 今後の認知症高齢者の増加を見込んで、 認知症の理解に関する体験等を実施
  4. 職務の理解や振り返りの科目において 実習により実際の介護現場の体験等を実施
  5. 終了試験の実施 初任者研修時間数(130時間)とは別枠で 終了評価試験(1時間)に合格することが必須要件となる。

介護職員初任者研修のカリキュラム

 

  1. 職務の理解 :6時間
  2. 介護における尊厳の保持・自立支援 :9時間
  3. 介護の基本 :6時間
  4. 介護・福祉サービスの理解と医療との連携 :9時間
  5. 介護におけるコミュニケーション技術 :6時間
  6. 老化の理解 :6時間
  7. 認知症の理解 :6時間
  8. 障害の理解 :3時間
  9. こころとからだのしくみと生活支援技術 :75時間
  10. 振り返り :4時間 合計 130時間    ⇒詳しくは厚生労働省のファイル 参照

 

>>ケア資格ナビ【介護職員初任者研修】の詳細

 

スポンサードリンク