1. ホーム
  2. 介護・福祉研修
  3. ≫移動・移乗実技実習のための基礎知識

移動・移乗実技実習のための基礎知識

移動について

 寝たきり老人とはある場所から別の場所に自分の体を移動させることが困難になった老人のことです。

移動とは、ふさわしい場所で他のADL(食事、排泄、その他)を行うことを支えるADLである。

移動・移乗の自立度の低下は大きな介護負担を生じることにとどまらず当の障害老人に大きな影響を与える。

Image 15

ベッドから離れることを離床といい、老人施設では以前より取り組まれてきたことである。在宅では家から出て外に出かけるということがデイサービス、デイケアの展開と共に広く取り組まれてきていることである。 

 移動(ベッド中心にみるときには離床という)には

①なんのためにベッドから離れるのかという「目的」が必要(本人が認識していることが重要)

②「食堂で皆と一緒に食事をする」などの「意欲」と呼ばれる精神的エネルギーが必要

  1. 独歩、杖歩行、歩行器歩行、車椅子駆動、車椅子介助など「移動手段」が必要
  2. 離床による生活空間の拡大により、生活の変化(人・物)と廃用症候群の予防改善が得られる

ベッドや家に閉じこもることで生じる問題

①身体的側面:廃用症候群の重度化(言うまでも無く寝たきりの直接原因である)

②心理的側面:活動意欲の低下、依存心の増加(主体性の喪失)

  1. 社会環境的側面:人的な面では、人間関係の狭小化と一方通行のコミュニケーション。

*これら①~③は相互に影響を与え合う

しかし、ここで移動の自立の意味を再考する必要がある。移動に自立することは、単に車椅子をこげば体の機能改善になるということでなく、上記の①②③の改善につながる。身体的には廃用症候群の予防と改善、心理的には主体性や活動意欲を取り戻す、社会環境的には人間関係を拡げ、相互通行のコミュニケーションを取り戻すための手段を再び手に入れるということである。寝たきりと移動の問題は深い関係にある。

 

 私たちは移動や他のADLの介助を単に技術や力の問題としてはならない。移動の理念、他のADLの理念について理解して技術を使わなくてはならない。

3.移動による生活空間の範囲の拡大・狭小に関わる問題や改善についてのまとめ(図)

生活空間の範囲と寝たきりの予防・重度化 

 

(2)移動の介助について

1.介助のポイント:介助は単なる技術や体力の問題ではない。理念なき介助は物の運搬と同じである

 実際の介助場面は、介助される人と介助する人という固い一方的な関係でなく、相互通行的な関係ととらえる

つまり介助される人をされるがままの受身的存在にしない、卑屈にしたり、横柄にしたりしない

  1. 主体はあくまでも障害老人自身である。介助者中心のペースで介助しない
  2. 離床・移動のための目的があるか、本人が認識しているか、本人が離床を決定しているか、本人の決定を尊重しているか
  3. 自立とは強制すべきものでなく、障害老人が自らの意思で移動することが非常に重要である

「移動」することには大きな精神  的エネルギーを必要とする。これを活動意欲と呼んだり、主体性といったりする。そのためには「移動」して行った先に行きがいのある食事があったり、友人が待っていたりする必要がある。そういった、魅力ある目的を抜きにして移動が自立することはありえない(動作の介助から行為の介助へ)

  1. 障害老人の老化や障害に適した物理環境の工夫が必要(ベッドの幅、高さ、手すりなど)

    移動のための道具・機器を上手く使い、自らの意思で操作できる工夫をすべきである。

     しかし、工夫が追いつかないほどの能力低下が生じてくれば、人による介助の導入をためらうべきで

    はない。移動は「手段」である、残された能力を最も大事なことに使うことを心がけるべきときが来る。

  2. 介助の動作パターンは本来の人間の合理的な動きに合致しているか(動作が困難だからといって、全て介助するのでなく、出来ない部分を介助することが重要)       

 

  1. できない部分を援助することが介助の原則

 それゆえ介助の程度は対象者に合わせて種々の段階がある(図 )。おおざっぱに分けると、自立、一部介助、半介助、全介助などの介助レベルがあるが、もちろんこれは便宜上の分類である。

 介護保険のスローガンは「自立とQOL」であるというまでもなく、移動・移乗の自立は「その人らしい生活」に大きな影響を与える。

 

移動・移乗介助の原則-自立のための介助法

実技課題―離床のための介助法

その1.寝返り~起きあがり~端座位

その2.端座位~車椅子移乗

(1)できない動作を介助する以前に、環境整備(移動バーなど)で工夫する
(2)動作の介助から行為の介助へ
(3)ゆっくりとした老人のペースで介助する
(4)動作を一連の動作パターンの中でとらえる

(6)自然の動きを引き出す介助をする

-原則的には自立時の動きのうち、できない部分を介助するので介助の動きも自立の動きも原則として同じである。

例)・自然な動きの例

その1.寝返り~起きあがり~端座位寝返りの3つのポイントを考える

丸太棒の姿勢で寝返りできるか?動きの中心は腰、肩、頭・首の3箇所である。

この3箇所を回転しやすいのは、どのような姿勢か?
寝返りしやすい姿勢で寝返ってみよう。次ぎに介助してみよう(いきなり、全介助しないで、原則を思い出そう)

 起きあがりの時の頭の動きを考える

  1. 側臥位(横向きの姿勢)から起き上がるときの姿勢の変化は?
  1. 側臥位のとき、どのような姿勢をとると、起きあがりやすいか?(3つの姿勢の条件を考えてみよう)
  1. 実際に起きあがってみよう( (2)の条件を満たしていない場合と満たしている場合の違いなどを確認。

この時に頭の動きを観察してみよう。
(4) 起きあがりの動きを観察してみよう。現場の介助は、自然の動きを引き出しているか?

立ちあがりの(頭の)動き

(1)立ちあがりの頭の動きを観察してみよう
(2)なぜそのような動きになっているのか?
(3)介助の時:立ちあがりしやすい3つの姿勢の条件
(4)介助者の姿勢の条件
(5) 自立―半介助―一部介助をしてみよう

 

(7)疾患や外傷による障害の理解


半身麻痺という障害を考えてみるー寝返りできるか?
半身麻痺ではどのような動作の工夫で寝返り~起きあがり~端座位~立ちあがりができるか?
実際に寝返り~起きあがり~端座位~立位を自立でしてみよう
次ぎに介助してみよう

(5)寝返り~起きあがり~端座位を一連の動作で介助してみる

その2..ベッド←→車椅子の移乗介助の基本。

  1. 立ちあがりの基本~2人で介助しあいます(半介助と一部介助)

    ・立ちあがりやすい準備姿勢は?

  • 立ちあがる時の頭の動きは?
  • 半介助する人の基本姿勢は?~安定していて、腰を守る姿勢
  • 一部介助のとき介助者の位置は?

  1. ベッド→車椅子 のとき車椅子を置く位置は2通りある
    1. 健側配置:健側の手足が使いやすいので、最も基本的なつけ方
  1. 患側配置:施設の部屋などは狭いので実際には健側に車椅子が置けないことが多いため。手すりをつけること。この位置だと障害老人には非常に有利で効果的なことがある。考えてみなさい。

車椅子→ベッドはいつも健側側にベッドが位置する。

 

 次ぎの順序で実習しなさい。

  1. 健側配置:自立→半介助→一部介助

 (2)患側配置:手すりをつけて自立→一部介助 

 

移動動作の関連