1. ホーム
  2. リハビリテーション
  3. ≫リハビリテーション講義を始めるにあたって

リハビリテーション講義を始めるにあたって

   リハビリテーション講義を始めるにあたって

リハビリテーション=re(再び)+habilis(適している)

(参考)竹内孝仁

  • リハビリテーションは良く聞く言葉であるが、意味はあいまいである。
  • 最も多い誤解はリハビリテーションとは「手足の機能訓練」だとする考えである。

 

(基本的理解) リハビリテーションとは、私たちが普通に営んでいる「生活」を回復したり、再び立て直すためのさまざまな活動のことである。(P3)

人が障害をおってそのために人間らしい生活を失った場合、再び人間らしい生活を取り戻すための働きかけということ。

 

リハビリテーション=生活の回復=自立とQOL

  • QOL=生活の質(P135) 障害を持ちながらも、家庭や職場、あるいは地域社会で健常者と同じく生活し、周りからも受け入れられ、本人も満足しているような生活がQOLの高い生活といえる。

 

IL運動や従来のリハビリテーションの考え方では包み込むことができないより重度な障害者の存在にとってリハビリテーションとは?

 

例えば、次のWさんは8年間寝たきりの75歳の老人である。軽い右半身麻痺なのだが自力で起き上がりなどはできない。言語障害がないにもかかわらず、ほとんど意味ある発語はない。このようないわゆる寝たきり老人や痴呆性老人にとって、リハビリテーションとは何だろうか?

 

教科書にリハビリテーションとは単に機能訓練のことではないとある。このような老人が職業復帰することもありえない。介護者は毎日の介護負担に疲れ、本人は閉じこもった生活を送る。

皆が施設や在宅で出会う障害老人のリハビリテーションを考える時に、リハビリテーションと介護は別物ではないと気付くことが重要である。

介護=リハビリテーションを理解しよう。

 

 ○寝たきり老人のリハビリテーションを考えるとき、「何かをすることが重要という価値観」から「存在することそのものに価値がある」という考えかたが重要ではないか?忙しく動き回る現代人にとって非常に考えにくい考え方とも思えるが…・

 ○寝たきりはいけないというとき、寝たきり老人の存在を否定しているわけではない。

私たちは寝たきりを生み出すような環境を改善するという取り組みにより、寝たきり老人のリハビリテーションを実施する。

 

 

 

 

(1-A , 1-B , 3-1 ) 氏名 (                           )

今、現在の考えを書いてみてください。

 

  1. 一般にリハビリテーションとはどのような人をどのような状態にすることだと思うか?

 

 

 

 

 

 

 

 

  1. 前のページのWさんへのリハビリテーションを行うとき

 

  1. リハビリテーションの目的は何か

 

 

 

 

 

   (2)そのためには何を行う必要があるか?

 

 

 

 

 

3.介護とリハビリテーションは何の関係があるか。現在の何となく思うことで良いから書いてみなさい