1. ホーム
  2. リハビリテーション
  3. ≫老人施設のリハビリテーション

老人施設のリハビリテーション

老人施設のリハビリテーション

・老人施設でリハビリテーション

 

特別養護老人ホームのリハビリテーションとは、障害や老齢によってそれまでの生活を続けられなくなった人々に対して、新しく生活の場を提供して、再び元のような自立した豊かな人間らしい生活を取り戻してもらうために行われる活動の総称である。

 

特別養護老人ホームの入所条件 昭和38年老人福祉法 65歳以上で身体上、精神上著しい障害 が あるため、常時介護を必要とするが 在宅では介護を受ける ことが困難

な者

 

入所基準

健康状態

入院加療を要する病態でないこと。また、他の被措置者に伝染させる恐れがある

 

伝染性疾患を有しないこと。

 

・日常生活動作の状況

入所判定審査票による日常性活動作事項のうち、全介助が1項目以上および一部

 

介助が2項目以上あり、かつ、その状態が継続すると認められること。

 

 

・精神状態

入所判定審査票による痴呆等精神障害の問題行動が重度または中度に該当し、

 

かつ、その状態が継続すると認められること。ただし、著しい精神障害および

 

問題行動のため医療処遇が適当な者を除く。

 

入所措置の年齢特例

 

・60歳以上65歳未満の者に対する措置

入所基準に適合し、特に必要があると認められた場合、入所対象者となる。

 

・60歳未満の者に対する措置

以下のいずれかに該当するときは入所の対象者となる。

①老衰が著しくかつ、生活保護法に定める救護施設への入所要件を満たしている

 

が、救護施設に余力がないため、これに入所することができないとき。

 

②初老期痴呆に該当するとき。

 

③その配偶者(60歳以上の者に限る)が老人ホームの入所の措置を受ける場合

 

であって、かつ、その者自信が老人ホームへの入所基準に適合するとき。

 

 

平成12年4月1日からの介護保険法の施行により、

指定介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)における施設サービスについては、受益の程度に応じた負担を基本とする考え方に基づき、原則として介護費の1割及び食費の標準負担額といった負担を求めることとされた。要介護1~5の判定を受けたものが対象者である

(参考) 〇入所施設であると同時に措置施設 :入所希望者である高齢者、またはその家族が入所申請書を措置機関である、市の福祉事務所、あるいは町村役場に提出することになっている。

〇福祉利用者の費用負担::昭和56年度から在宅高齢者の生活費との均衡、公平を図る観点から、入所高齢者の負担制度を、新たに従来の課税方式から収入方式に改め、年額27万円(平成6年から12万円)までは最低の小遣い銭として残るようになった。(それまでは年金収入が133万あっても老人ホーム入所すれば、費用負担しなくてよい仕組みであった。)

扶養義務者については、いままでと同様に課税方式を保持することとされた。

 

〇昭和47年 : 中央社会福祉審議会・老人福祉専門分科会「老人ホームは収容の場ではなく、生活の場として理解すべきだとの指摘がある。」⇒処遇歴史上画期的な転換

養老院時代の収容思想にかわって、老人ホームの主体者は施設職員や施設側でなく、生活者としての入所高齢者であるとの考えである。

  • 入所時の状況:高齢化、重介護化、痴呆化  特養ホームでは、居宅からの入所(46.5%)よりも医療施設を中心とする家庭以外からの入所(53.5%)が増加。
  • プロの仕事とは何か?
  • 「対人援助サービス」であるが、あまり長く人を扱うことに慣れすぎると、「人」ではなく、「物」として扱うようになる。
  • プロは繰り返し同じことを同じ水準で、細心の注意を持ってできるが、素人は繰り返しているうちにだんだん雑になり扱いの水準が下がる。
  • 介護職がプロとなるためには、最初に掲げた方針が崩れたのでは素人の仕事であり、プロの仕事は同じ高い水準で10年たっても変わらない仕事ができないとだめである。

 

○<ニーズの把握>自立とQOLのために

  • 社会的にも個人的にも「人間らしい生活」を送るために必要なことがら
  • 「人間らしい生活」とは何か?

    個人の自立(なるべく他からの干渉の無い生活)をふまえて、社会的にも円滑な人間関係を持っている事、 私たちが現に生活している姿である。現実の老人が抱えている問題を評価し、欠けている部分を見出すことがニーズの発掘となる。

 

□たとえば、オムツは個人の自立にとって身体的にも心理的にも妨げになる。そのような老人にとってはおむつからの解放が大きなニーズとなる。

 

  1. 移動能力の低下 ⇒(ニーズ)は手すり、ベッドサイドにポートイレを置く

   おむつの原因は何? 2.便器に問題   ⇒和式便器を洋式に変更、                                          

        3.その他  ⇒

 

○老人の要求とニーズ:必ずしも一致しない。「クラブ活動に出たくない」というのは老人の主張(要望)であるが、他の人々ととの共通の楽しみを持つ事がむしろ本来のニーズである、と考えてクラブ活動に出たくないと主張する原因を見つけて、その解決をはかることが、むしろ本当のニーズである。

 

  • 老人ホームの基本的ニーズと処遇

   1. 他人との人間関係の確立(老人とスタッフ、老人と老人、老人と家族、友人)

  2、 セルフケア(ADL)の自立(食事、排泄、移動、身だしなみ、その他) 

       ↓

  <処遇> 個々の課題を解決するための活動  

 

Ⅰ. 不適応 「生活の場の転換」による影響は一貫して同じ場で生活している在宅老人には起こらない、施設固有の問題。 新しい生活への適応はきわめて困難な理由

  • 新しい生活の「必然性」の欠如 ⇒   
  • 適応手段の欠如       ⇒  新しい生活への不適応
  •  知的・身体的活動力の弱まり ⇒   

                                                  

入所後3から6ヶ月後に異常な行動(便いじりなどの痴呆症状、粗暴行為)急速な弱まり(例えば拒食などに見られる生きる意欲の低下) 、寝たきりなどが起こるときは、急激な環境の変化による「不適応症候」であることが多い。

 

 

不適応への対応:初期処遇期(適応期) 過去の生活史を中断された、社会的立場、家族や地域社会との結びつきを断たれたうえに新しい環境に適応する有力な手段もなく、生活の場が社会的に必ずしも良いイメージを持たれていない、そのような立場に置かれた人々。

入所後早期(6ヶ月以内)に異常な行動や急速な弱まりが見られるときは、一時的な「環境への不適応」を疑って対処していく必要がある。

この時期をうまく乗り越えると老人は再び落ち着きのある生活を取り戻す。

 

  1. 環境への適応:物理的な環境と人的環境。●その人の生活史や入所のいきさつを指導員だけでなく、介護職も知る。入所前訪問。それから●職員との親密な人間関係を作る。(何かあったら話せる人、その人がいない日は替わりの人。皆で見ていくから大丈夫というのは私たちの一方的な理屈である。次に●他の入所者との関係作り-共通点が必要、年齢、過去の職業、趣味、性格、出身地、など色々な情報が必要、できたら入所したその日か次の日に候補者のところに連れて行き紹介する。●物への適応-建物の構造、ナースコール、トイレ、食堂、食事の後にすぐベッドに戻らせるのでなく、歯磨きをして、廊下に並べてある椅子に座りしばらく話すなどする。●施設でのルールを覚える-オムツでなく、ポータブルトイレを使うので尿意、便意があれば教えるように言う。

 

  1. 行動異常に対してどのように対処していくかが検討され、実践される。

 

 不適応症状をなくし、あるいは不適応期をなるべく短縮する。 それには入所後いち早く他の高齢者との人間関係を作り、さまざまな活動へと参加させていく事であり、解決につながる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ⅱ.ADLの自立性の獲得と維持

  • 在宅では介護力、介護技術の不足、未熟、家屋環境整備の未整備⇒寝たきり

ADLの自立:主体性と自由を獲得。(QOL)

  • 施設での物理的環境と人的環境(介護の量と質):まず、ADLの自立性を高めねばならない。

1.ADLと離床 ○ADLはトイレや食堂など行動範囲の広がりを含む ○離床を伴わないADL自立の試みは廃用症候群により寝たきりなどに結びつく

 

○離床の意義と離床のための方針

生活の充実は多生活空間の広がりによって決まる:離床 多くのことを体験し、それが本人の精神的満足感や喜びをもたらすかによって決まる。

(1)ベッドが与える心理的・身体的影響

  • 生活の充実は多くのことを体験し、それが本人の精神的満足感や喜びをもたらすかによって決まる唯一自分らしさを取り戻すことのできるベッドに執着しがち(私的空間が極端にない) ⇒「城」としてのベッド
  • 一日のほとんどをベッドで過ごすことは、「孤独の世界」に閉じこもる事。外界の出来事にぶつかる事が煩わしいと思うようになる。
  • 精神的に孤立した世界は痴呆老人を生む。
  • ベッドでの生活は身体的な活動力を奪っていく⇒ 「廃用症候群」
  1. 「座る」という事の心理的影響
    1. 対面姿勢(座位)は、相手を受け入れ、また自分を受け入れてもらうという役割を果たしている。上を向いて寝ている姿勢というものは、他人を受け入れもしない、拒否もしない、いわば無関心の姿勢といえよう。

      寝たきりの人々をストレッチャーで戸外に連れ出したり、行事に参加させたりしているが、せっかくそうするのなら、車椅子に座らせないと、寝たままでは風景や他の人々があまり印象に残らない。

    2. 老人同士のふれあいを得るには、対面姿勢をとっていく必要がある。
    3. 脳幹網様体の刺激により「覚醒」

       

       

 (3)離床のための目的作り

  • 基本原則-眠ること以外のすべての生活行為をベッド以外で行わせる。
  • 単に老人に向かってベッドから離れるように言っても殆ど何の効果もない。
  1. 毎日の生活の中で必ず行う事-ADLをベッドから離す事
  • 食事は食堂で食べること ・排泄はトイレや身体状況に応じてベッド脇のポータブルトイレを利用 ・洗面や歯磨きは洗面所で行う
  1. 次には、身の回りのこと以外の生活行為をベッドから離す
  • ベッド脇の専用のテレビは老人をベッドに釘付けにする。

    老人はテレビが唯一の楽しみなどと言われるが、実際には当の老人は口でいうほど楽しんで見ているわけではない。

    ⇒離床の目的としてのテレビという考え方をする。

 

  1. 個々のADLの自立性の維持と獲得(まず、離床しての日常生活に慣れたら個々のADL自立に結びつける)
    1. 介助と老人の主体性

      ・ややもすると過剰な介助が見られる ⇒ADLやクラブ活動でスタッフがすべての準備を整えているなど⇒(依存性を増し、老人の主体性を奪う危険性がある。

  • 老人の生活の主体者は老人自身にあることを職員は忘れない

 

  1. 食事の自立のための処遇

1.自分の手で食べることの意義-自分の味覚の求めるものに応じて御飯やオカズ                       を選択しながら食べる、主体的な行為である。

  • 食事を他人の手に委ねることは心理的に人を依存的にさせる。甘えが大きくなる。

寮母や看護婦が老人の口に食べ物を運んでいる姿は一見やさしく微笑ましいが、そ

の老人を依存的に、させられ人間にしているのである。⇒真に人間的な生活は取り戻せない。

・入所前に家族から放置されていたり、孤独な生活を送っていた老人は、しばしば寮母に甘えたい気持ちから食事を食べさせてもらう事を好むことがあるが、自分で食べる事を説得する方がその老人に真に人間らしい生活を取り戻させることにつながる。

2.出会いの場としての食堂

  • 家族や親しい人たちと同じ食卓を囲む-社会的な習慣として、他人との出会いの場として食事は機能している。

 3.姿勢のたいせつさ

  • 食事の姿勢-椅子に腰掛けた姿勢は嚥下運動に最適、腹部を圧迫しない

    食物で気道が塞がって窒息するのは殆ど正しい姿勢で食べていないために起こる。

  • ベッドで脚を投げ出した座位で食事をとるのは、腹部が非常に圧迫される。

    それを避けるために上体を少し後ろに傾けると、食物は丁度下へ落下するように咽頭の方へ行き誤嚥する。

  1. 食堂での食事とその効果

 

  • 食事動作の自立
  • 姿勢の改善
  • 離床の習慣化
  • 食事にまつわる事故への対処-のどに詰まらせることが少ない
  • 老人同士、スタッフと老人との出会い-人との出会いを豊かにすることは、老人の精神生活にとって欠かすことができない。年に数回の行事よりも一日に3回という機会の方が比較できないほど重要。
  • 味覚の共有-同じ釜の飯を食う、体験の共有
  • 身だしなみの変化-身だしなみ(特に着替えの習慣は、既にその老人自身が眠るためのベッドから離れる心の準備ができたことを示している。
  • 他の老人に対する介護-比較的元気な老人が体の不自由な老人の歩行を介助したり、車椅子を押したりと弱い人をかばうようになる。老人ホームの老人が互いに無関心でありがちな中にあって、このことの価値は計り知れないものがある。
  • クラブ活動への参加者の増加
  • 栄養状態の改善と体力の増強-残菜量の減少と一日3回の離床の習慣化とその結果生まれてくるクラブ活動への参加など、活動的になるため。
  •  

 

 

   (3)排泄の自立のための処遇

  1. 排泄の自立の意義
    1. 人間の尊厳を奪うオムツ使用

オムツ-○食事の介助と違い、人間の自立性と尊厳を支えるのに必要な<羞恥心>の崩壊を生み出す。最も他人の目から遠ざけていたい陰部をオムツ交換のたびに人目にさらさねばならない-人間らしい生活から遠い、依存的な存在

  • オムツはそれによって体の動きが不自由になる。

2.オムツからの解放を目指す処遇方針   

     オムツから解放された老人が生き生きしてくることは日頃よく経験することである。

     そのような老人を数多く生み出して一般社会の老人ホームへの正しい認識を植                え付けよう

  • 老人ホームの構造そのものが老人をベッドにしばりつけやすいし、ベッドでの                   排泄の最も多いのがオムツ。身体的にも活動力が弱っていると、オムツになる機会はきわめて多い。
  • オムツをはずそう、つけないようにするという処遇方針が無ければ、30%以上のオムツ率

    少し努力すれば15%、非常に頑張れば0に近い状態となる。

    ○本人の同意を得て行うことは言うまでも無い。(人間関係ができていないと失敗する)

 

  1. 移動の自立のための処遇

1、自立のための目標を明確に-移動を必然的にする日常生活が必要(食事は食堂で食べる、排泄はトイレで、クラブ活動や趣味活動は居室以外の場所でなど。

  1. このような生活全般への配慮が無いでただ車椅子への移乗や歩行訓練をしても、訓練意欲はわかない。
  2. 移動の自立のために必要な動作

 

4.身だしなみ自立のための処遇

  1. 他の人との交わりを目標に
  2. 他人のいる場所に出かける方針

 

 

Ⅲ.円滑な人間関係を作る(生活の社会性)

 

  • 老人と老人の人間関係が本来の意味での社会関係
  • 職員と老人の関係-職員の役割は利用者同士の人間関係作りを手助けする役割
    • クラブ活動
    • 生活の場に役割を持つ
    • 家族との関係