1. ホーム
  2. リハビリテーション
  3. ≫遊びリテーション~心が動けば体も動く

遊びリテーション~心が動けば体も動く

遊びリテーション~心が動けば体も動く~

「遊びの世界」が持っている力を、障害老人の自発性を引き出す、武器として使う方法を考えてみたい。

遊びリテーション=遊び+リハビリテーション

 

  1. 障害老人の遊び+リハビリテーション~理論編~ 
    1. 目的: 一般のレクとは目的が若干違ってくる

      1)廃用症候群の改善になるもの(訓練効果のあるもの→障害の理解が必要 

     静的なものよりはダイナミックなもの)            

    

    2)させられ人間の改善(受け身的存在→能動的存在,主体的存在,自発的 

     存在)非常に有効。レクの企画,準備も自分たちで行えるように。ここ

     で出た自発性をいかに生活でもださせていくか。言葉かけから本人の能

     力を生かすように介助すること。そのためにはてすり・移動バー,適当

     な高さのベッド,適当な位置の柵等を考慮する。

    3)閉じ籠もり症候群の改善になるもの               

       一人で→みなで                         

       ベッド上で→集会室で→屋外で

(2)注意点 

  1)障害の理解-できないことをやらせない。せっかくでてきた老人のプラ 

   イドを傷つけない。色々なレベルの障害老人が一つのグループで楽しめる物

   を一つは考えておく。                        

  2)能力差をどうするか?-一本の物差しで測らない。一人一人の物差しを 

   スタッフの頭の中にいれる。(例.Aさんは入園1カ月で出てきた→よく出

   てきたとほめる。Bさんはいままで得点できなかったが,初めて点が出た。

   →ほめる。・言葉で表す)

   遊びの要素の中に,競争,運(偶然性)があるが,運の要素を多くするほうが良いことが多い。                         

  3)段階づけをいつも同じように段階づけ=難易度、条件(輪投げの距離や風船バレーのネットの高さ、風船の重さなどに段階を設けるなど)

  4)時間の構造化になっているかどうか。-スケジュールに前もって組んで 

   おく                                

(3)遊びの効用~受身から主体へ。孤立からいきいき、楽しさ

Image 2

 

 

 

 

              

                                 

(4)障害老人の遊びリテーション(レクリエーション)の

ポイントや留意点

(ポイント)

(1)                  (6) 

(2)                  (7) 

(3)                  (8)

(4)                  (9) 

(5)

(留意点)

(1)                  (4)

(2)                  (5)

(3)         (6)

(7)                 (9)

(8)

評価

(1)評価のものさしは一人一人の老人で違っても良い。

(2)

 

 

2.遊びリテーションの実際

さて、今から片麻痺の障害を想定して、レクリエーションに取り組んでみよう。

(1)次のレクリエーション種目の中から一つ選択する

  • 失語症のレクリエーション(すごろくゲーム)
  • 風船バレー
  • ふわらふわらゲーム
  • 空き缶ボーリング

 

(2)次の設定をしなさい

  1. 対象者の障害の設定(ゲームの時のポジションも障害に応じて考える)

右片麻痺、左片麻痺、左半側無視、左同名半盲、車椅子、杖歩行、失語症(運動失語、感覚失語、全失語など)

 

  1. 人数(援助者と老人役、)
  2. 必要な道具はできるだけ家庭や身の回りにある物を利用して作る)
  3. ルールを決める
  4. 段階づけの工夫:たとえば風船バレーの場合、風船のふくらませ具合、重さ(紙、鈴などを中にいれるなどの工夫、ネットの高さ
  5. 道具の工夫:できるだけ介助がいらないように道具の工夫をして、障害を補う。
  6. 離床場面から始める。(ベッド-車椅子、杖歩行-レク会場-レク-居室-排泄-ベッドなど)

 

 

 

 

 

 

 

遊びリテーション計画表(提出してチェック、許可を受けてから準備に入ること)

        プログラム名(                        )

 メンバー(              

                                       )

障害の設定

と障害老人役、

スタッフ役

 

必要な道具と材料

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道具の工夫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルール