1. ホーム
  2. 生活ケア
  3. 自立を目指した介助法
  4. ≫介助実習(全介助-リフティング)

介助実習(全介助-リフティング)

トランスファー:移動・移乗動作(障害者自身がベッドから車椅子,車椅子から便器や自
動車等へ移動することの他に,介助者による移動動作も含まれる)・
フティング:ほぼ全介助によるトランスファー.                 ・
(1)フティングの基本原則・3               
 ・最も容易な方法であること・
 ・障害者・介助者にとって安全な方法であること ・
 ・できれば障害者にも協力してもらえる方法であること ・
※前もって部屋を整理し,家具,ベッド,椅子,車椅子等の位置関係を考え,充分なス 
 ペースをとる。                                
 ベッドや椅子・車椅子が固定されて動かないこと。確実なブレーキや取り外し式のアー
ムレストやフットレスト,バックレストをリクライニング式にするなどの工夫。    
                                        
・11リフティングの選び方・3               
 ・障害者の障害(全身状態および残存機能)の程度を知る・
 意識障害の有無や残存機能がどの程度使えるかを知る ・
 ・障害者の体格・重さを知る・
 大柄な障害者に対しては,介助者の人数を増やす                 
 ・痛み・拘縮の部位と程度を知る・
 長期臥床の障害者では,痛みに対して敏感で訴えも多い。痛みがどの部位にあり,どの
 程度なのかを確認する。・
 ※肩は拘縮が起こりやすく,無理に腕を引き上げると,痛みの原因になるから,充分に
 注意する。                                  
 ※仙骨部や尾骨部などに褥そうがあれば,その部位がひきつれるような持ち方は避ける
 ・部屋の広さと移る物どうしの高さを考慮する ・
 できるだけ広いスペースを確保すると安全性が高まる。一方から他方へ移す際の高低差
 が大きい場合は,それぞれに応じたリフティングを選ぶ。・
                                        
・1(3)リフティングの際の姿勢について・3    
 ・1腰への負担を最小限にくいとめる・3         
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・自分の身体にできるだけ近づけて持つこと                  ・
・重いものを手を伸ばした状態で持つと,脊柱                  ・
・から離して持つと,脊柱から腕が離れる為に                  ・
・腰の筋肉や椎間板に強い負担がかかり痛みの・                 ・
・原因となる。できるだけ,身体に近づけて持・                 ・
・ち,背筋はまっすぐ伸ばして重心が両足に中心・                ・
・に落ちるようにする。(図・)                        ・
・・                                     ・
・・両足を開いて支持面を広くする                       ・
・両足を開くと,支持面が広がり側方への安定が                 ・
・良くなり,更に一方の足を前に出すことにより・                ・
・前後の安定も得られる(図・)・                       ・
・・下肢の筋力を使う・                            ・
・持ち上げる場合,両手と体幹は物を保持するだ・                ・
・けであり,実際には・1両下肢の力・3でもち  ・             ・
・あげる。図のように中腰の姿勢で物を持ち上げず・               ・
・背筋を伸ばした状態から両下肢をのばして立ち上が ・             ・
・る。                                    ・
・・体全体を緊張させ,ふんばること                      ・
・掛け声「いちにいのさん」とか「よいしょ」などと・              ・
・掛け声と同時に全身の筋肉を緊張させることで関節・              ・
・にかかる負担を軽くする。深い吸気の後,一時呼吸を・             ・
・止めて腹圧を上昇させ腰への負担を最小にくい止める・             ・
・                                      ・
・・一側の足ら他側の足へ体重(重心)を移す                  ・
・物を持ち上げ他の場所へ移動する場合,安全性を得る・             ・
・為に足を開いて支持面を広く保ち,身体から物を離さ・             ・
・ないようにして,一側の足へ体重を移すことによって・             ・
・行う。決して,身体をねじったり,曲げたりしない。・             ・
・足先をを移動する方向へ向けるトやりやすくなる。図・             ・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
                                        
                                        
                                        
                                        
(4)・1リフティングの際の注意点・3             
 自分自身の姿勢以外に次の注意を払う・
 ・窮屈な服装は動作を制限するため,動き易い服装にする。・
 ・安定した靴をはき,滑りやすい靴やサンダルはしっかりしたベースを保持できないの
 で,安定した靴を履く。・
 ・胸ポケットにペンやネームプレートをつけたままや,腕時計をしたままリフティング
 をすると痛みや不快感を与える原因となるので取り外す。             
 ・リフティングを始める前に,障害者に方法を説明し,納得させてから行うようにする
 突然始めると不安になる。・
 ・リフティング全体を通して,障害者の表情を確認し,痛み,めまい,不快感などがな
 いか注意ヲ払う。・
 ・2人又は3人でリフティングを行う場合,チームワーク大切にする。リーダーを決め
 リーダーの掛け声に合わせて行うようにする。・
 ・障害者の仙骨部や尾骨部に褥そうがある場合は,その部位がひきつれるような持ち方
 は避ける。