1. ホーム
  2. リハビリテーション
  3. ≫生活の自立性の維持と改善のための基礎知識

生活の自立性の維持と改善のための基礎知識

生活の自立性の維持と改善のための基礎知識

生活の自立性は、老化による機能の衰えや障害だけに影響を受けるのではない

 

  1. 生活障害として生活をとらえる(能力障害の構造を参考)P122

 

  1. 高齢者のADLとIADLの構成要素(P203図6-1):体力

  1. 廃用症候群(不活動症候群)とは?

 

  • 多くの寝たきりは機能訓練の不足から生じるのではなく、廃用症候群が直接の        原因である

 

 

  1. 廃用症候群の予防とケアの方法

  1. 目的のある離床(座位):座位で離床。体力の維持・改善/座位の効果