1. ホーム
  2. 2015年
  3. ≫ 12月

ベッドから起きて車椅子に座る

移動・移乗介助 実技実習 20070808   「ベッドから起きて車椅子に座る」 寝たきりの予防 最も必要なのは 力ではない 優しい心でもない 障害があっても動きやすい、工夫された介助である、 寝たきりをつくる …

移動形態をレベルアップ・ダウンする時

no

  移動形態をレベルアップ・ダウンする時 ・ ・ ※データを出す: 立ち上がりテスト:1.下肢筋力(大腿四頭筋,大臀筋)の強化・                   2.バランス能力                  1 …

移動・移乗実技総合事例1

no

  移動・移乗実技総合事例1. 次ぎのケースについて考えなさい Aさんは70歳の左片麻痺の男性。柵を引っ張って寝返りをすると左肩が後ろに引かれ、左下肢が突っ張って寝返りができない。また柵を引っ張って起きあがろう …

移動・移乗の介助のあり方

移動・移乗の介助   介助のありかた:自分自身の身の回りのことができることは重要なことである。日常生活の様々な行為に自立することは、人間としての自由や尊厳に深く結びついている。食事や排泄などの行為を人の手に委ね …

介助のめざすもの

no

〔1〕寝たきりをつくる介助・3-老人の意欲を奪い,廃用症候  群を増悪させる介助                             ・本人のできるところまで介助してしまい,老人は介助者のなすがままとなる・ ・何でも …

上肢の関節可動域訓練

古○さん ROM訓練(一回でも結構です。1~10回の範囲で行います) ①肘関節(右上肢を行う時) 左手で肘を支える     。   右手でソフトタッチに手首の辺りを持つ。強く握らない。 &n …

老人ホーム陶芸クラブ4

2005年 新陶芸グループ   今までのメンバーの人も一部残り、多くは新しいメンバーで出発する陶芸教室(清鈴園窯)   第2週:男性グループ-平井武、大森、藤井正(左麻痺) 第4週:女性グループ-吉富 …

老人ホームの陶芸クラブ3

    5月13日(土)午後2時~3時10分 今年度初回。 参加者-今津、北林、西口/スタッフ:岩本のみ   午前中中村千恵、笠井氏に焼成した昨年の作品を手渡す。共に喜び笠井氏は記念になるの …

老人ホームの陶芸教室2

      2002年 陶芸教室   2月16日:上くすりかけ(外は少し寒いので一人一品。今津、西口、稲葉、折田、後来) 新しい陶芸窯の小屋の命名は「清鈴窯」   &nb …